【不動産投資】コロナと不動産投資

未分類

お世話になります、Davidでございます。

本日は新型コロナウイルスと不動産投資について綴っていこうと思います。

 

2020年、新型コロナウイルスは日本経済全体に大きな影響を及ぼしており、

不動産業界も例外でなく、ダメージを受けています。

 

不動産投資においても、融資が厳しくなったりしており、以前のような好条件で融資を引

くことが難しくなっているのが現状です。

 

しかし、健美家や楽待といった不動産投資のポータルサイトからのお問い合わせは、

以前と同じか、ましてやそれ以上になっております。

 

この背景として、今回の新型コロナウイルスの影響による会社の倒産やリストラなどによ

り、急に収入源が無くなってしまった方がいるとニュースやメディアでの報道で見て、次

は自分の番かもしれないという恐怖心から、安定した収入を作りたいと思うようになった

人々が増えたことが挙げられます。

 

実際にお問い合わせいただいた方とのご面談で、なぜ不動産投資に興味を持ち、これから

始められようとしているのか聞くと、多くの方が本業以外にも安定した収入源があること

の重要性を今回の事態で再認識したからと言います。

 

しかし、不動産投資はすぐに安定した収入を見込めるとは限りません。

金融機関から融資を受けて不動産を購入した場合は、返済が完了するまでは毎月の家賃収

入から返済額が引かれますので、手元に入ってくる額は初めのうちは期待していたよりも

少なくなることでしょう。

 

現金でご購入される場合でも、やはり投資額の回収までにそれなりの時間がかかってきま

す。

つまり、不動産投資で安定した収入を得るようになるまでには時間がかかります。

 

お客様の中には、「これといって気に入る物件がないからまた今度でいいや。」と不動産

投資を始めようと物件を見始めて数年経たれている方がいます。

もし、最初に物件選びを始めた時に、その時で最も好条件な物件をご購入されて不動産投

資を始められていれば、今頃ローンの返済も進み、安定した収入ができる状況まで近づけ

ていたと思います。

 

ここで投資用不動産の営業として日々働いている私から不動産投資をこれから始められよ

うとしている方に声を大にして伝えたいことがあります。

それは、”みなさんが完璧な物件に出会うことはない”です。

残念ですが、これは間違いありません。

 

本当に良い物件は、みなさんが見るようなポータルサイト等で出回る前に、不動産業者間

ですでに売買されます。不動産業者の方と親密な関係が築けていない間は、完璧な物件に

出会えることはまずありません。

 

初めは不動産投資のポータルサイト等に掲載されている物件の中から優良な物件を選んで

不動産投資を始め、不動産業者と親密な関係作ることで2件目以降で本当に良い物件を紹

介してもらえることになるでしょう。

ですので、完璧な物件を待ち望んで、物件の購入を先送りにすることは無意味です。

 

また、物件の購入に融資をうける場合は、完済時年齢も意識しておく必要があります。

多くの金融機関では完済時年齢が80歳未満になっているところが多く。

返済期間が長い金融機関でも、すでに年齢がそれなりに言っている場合には、長く融資が

引けないということになります。

 

上記のことからお分かりいただけるように、不動産投資は始めるのが早ければ早いだけ良

いです。

不動産投資のベストタイミングは「今」なのです。

まずはしっかりと不動産投資の知識をつけるために、本などで勉強されることをおすすめ

いたします。

それでは今回はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました